ノンコーディングの継続的なテスト自動化ツール

Ricksoft

アジャイルおよびDevOpsに対応するためにテストを加速する継続的テストプラットフォームToscaは、
エンドツーエンドのテスト自動化のためにノンコーディングのアプローチでテストを加速します。

テスト工程のボトルネックを解消する
 テスト自動化ツールTosca

テスト自動化ツール『Tosca』は、高度な技術・知識・経験をもつテストエンジニアに頼ることなく、
経験の浅いエンジニアでも高度なテストケースを作ることができ、
少人数のテストチームであっても多くのテストケースを短時間でこなすことができます。

さらにテスト管理ツール『qTest』と連携すれば、
テスト工程の多くの課題を解決する継続的なテストプラットフォームとして機能させることができます。

モデルベースのテスト自動化でメンテナンスしやすいテストを実現

スクリプトベースのテスト自動化ツールは、面倒で費用のかかるメンテナンスサイクルを必要とします。 Tricentis Tosca のモデルベースによるテスト自動化は、メンテナンスしやすいテストケースを迅速に作成できます。 これにより、テストの90%を自動化することができます。

  • 対象アプリケーションのUIやAPIなどをすばやくスキャンして、モデルを自動生成できます。
  • モデルをブロックのように組み立てることでテストを自動化できます。
  • 要件が変更されたらモデルを変更するだけで、すべてのテストケースを自動更新(一括変更)します。

*モデルベーステスト(MBT)とは、使用方法や統計情報をベースにするソフトウェアテストの手法です。

リスクベースのテストでテスト作業を大幅に軽減

ソフトウェアに不具合が起きた場合に想定されるビジネスへの影響度から優先順位付けを行った効率的なテスト( リスクベーステスト)を行います。 リスクベースによるアプローチで、ハイリスクのテストケースに注力することで、20%のテストケースで80%のビジネスリスクカバレッジを実現します これにより従来のテストケースは減らしつつも、高品質を維持するテスト自動化を可能にします。

  • ステークホルダーのリスク目標に合わせてテストケースを作成できます。
  • 重要な要件の高リスクなものから、テストケースを紐づけることで、優先順位づけをしてテストを行うことができます。

*リスクベーステスト(RBT)とは、緊急度やリスクといった重要度をベースにするソフトウェアテストの手法です。

複雑で信頼性の高いテストデータの管理ができる

テスト自動化のための信頼性の高いテストデータのプロビジョニングと作成には、テスターの約50〜75%の時間がかかります。Tricentis TDM(テストデータ管理)は、テスト自動化のためにオンデマンドの合成またはマスクされた生産データを自動的に作成およびプロビジョニングすることにより、テストデータの作成時間を短縮します。

さまざまな開発ツールと連携・統合

APIテストは、開発者に必要な技術的スキルのため、ほとんどの組織にとって課題のままです。Tricentisはモデルベースのアプローチを通じてUIテストからAPIテストへの移行を簡素化することで、ソフトウェア開発サイクルのシフトレフトを支援します。

Toscaは、使いやすいインターフェースでAPIテストを作成できるので、非技術的なテスターやビジネスアナリストでも、クロスWeb UI、モバイル、SAPなどにまたがるエンドツーエンドのテストシナリオを統合できます。

  • アトラシアン製品との統合
  • 継続的インテグレーション(CI)/継続的デリバリー(CD)と連携
  • オープンソースのテスト自動化ツール「Selenium」と統合
  • その他のテストツール「JMeter」などとの連携
エンドツーエンドの連続テストを実現

エンドツーエンドの
連続テストを実現

160以上のテクノロジーをサポートするTricentis MBTAエンジンは、APIからUI(Web、モバイル、またはカスタム)、データベースからBIソリューション、プログラミング言語からパッケージアプリケーションに至るまで、エンドツーエンドのテスト自動化を実現します。

最新のHTML Webおよびモバイルアプリから、重要なビジネスプロセスを強化するSAPなどのエンタープライズアプリケーションまで、チームのテスト範囲を拡大します。

サービス仮想化によりコストのかかるテストの遅延を排除

サービス仮想化によりコストの
かかるテストの遅延を排除

完全なテスト環境にアクセスできないと、テストがアプリケーション配信のボトルネックになります。

Tricentis OSV(Orchestrated Service Virtualization)を使用すると、ビジネスユーザーは、技術的な知識やコーディングに関する深い知識がなくても、APIテストモジュールから直接仮想サービスを構築できます。これにより、チームは依存システムがオフラインのときに継続的にテストでき、テストのコストが削減されます(例:MIPSの削減)。

データの信頼性を高め、データの整合性の問題を減らす

データの信頼性を高め、
データの整合性の問題を減らす

BIおよびデータウェアハウスプロジェクトの最大の課題の1つは、データの整合性を保証し、エラーをできるだけ早く検出することです。

Tricentis BIおよびデータウェアハウスのテストは、手動のETLテストおよびレポート検証よりも速く、より厳密に、より確実にデータの整合性を保証します。

さあ、今すぐテスト自動化ツールToscaを試しましょう